So-net無料ブログ作成

デンパーク [歩くん]

かんぽの宿三ヶ根に宿泊したが,お部屋が非常に寒く,あまり眠れず。
(じじばばの部屋は寒いどころか暑かったとのことで,原因不明。)
6:30になっても歩くん,嫁はまだ寝てたので,一人で大浴場で朝風呂。

お部屋に戻って少ししたら歩くん起床。自宅と違う風景でどこにいるのか迷っているように見える。
eテレのつくってあそぼを見た後に朝食。
歩くんはおかゆに湯豆腐,卵焼き,焼きそば,里芋の煮物,のりなどなどと,プリンをいただく。
プリンをえらく気に入り,2つ食べ,ママが食べようと1つもってきたら,それも食べちゃた。

今日も天気がいいので,こどもの国へ行こうかと思ったが,嫁がデンパークに行ったことがない,
とのことで,じじばばの提案で行き先をデンパークに変更。
パパとしてはデンパークはウインナーがおいしかった,というイメージしかなく,
歩くんが遊べる場所があるのか疑問だったが,先週購入したスマホでHP見ると,
子供向けの遊び場があるようで,行ってみることに。

途中,国道23号線道の駅筆柿の郷幸田により,嫁実家用のお土産として筆柿購入。
おいしく筆柿を試食してたら地元のケーブルテレビの取材を受けるが,
歩くんがスタッフのかわいいお姉さんたちに恥ずかしがって?!顔を手で隠すわ,目をつぶるわ,
そっぽ向くわで,パパはしっぽ振りながら受け答えしたが,絶対に流れることはないかと。

デンパークには10時30分前に到着したが,駐車場がほぼ満車状態。
臨時駐車場(デンパーク管理事務所横)になんとか停める。

ベビーカーを入口でお借りして,こども広場に移動。
おこちゃまいっぱいでちょっとびっくり。
ベビーカー乗車中の歩くんはワイルドシングス(木製遊具)にはあまり関心示さず,
ローラー滑り台を見つけてベビーカーから飛び降り,走り出し,乗り場への階段を喜び上がる。
階段に2才以下はだめ,という表示があるが,滑り台乗りなれているから大丈夫でしょう,と
ママばばに伝えたのだが,ママばばは2才以下だめ,ということは2才大丈夫ということでしょ?
とほざいていたので,助かった。 ”以下”という日本語を理解しとらん。。。。。

順番待ちの際にかなりぐずったが,順番が来たら大喜びでパパと滑る。
滑った先がこども広場で,おりば目の前の砂場でも喜んで遊ぶ。
で,砂場遊びに飽きたら,横にある滑り台へ。
パパも一緒に滑れ,と手をひっぱるので,パパも何度も何度もいっしょに滑る。
パパが滑るたび,滑り台の板がベコベコ悲鳴をあげていたが。。。。。

その後,マーケットに移動して,昼食にパンとソーセージを買おうとしたが,
パン屋さん,ソーセージ屋さんとも大行列。パンなんかほとんど在庫なし。
じじが席取り,ばばがパン屋,パパがソーセージの行列に。
ソーセージが一番時間かかり約30分ほどかかったか?
お外のテーブルでみな美味しくソーセージやパンをいただく。

そのあと,ままがデンパーク初めて,ということで,外周を一周。
再度こども広場に着いたら再度歩くんが遊ぶ遊ぶ。

ローラー滑り台のりばまでの階段を何度も一人で駆け上がり,ローラー滑り台を滑る。
途中ふらふらになってきたので抱っこしようとしたら,自分であがる,と怒った。

何度か滑って,帰ろう,と抱っこしてワイルドシングス横を通ったら,
抱っこ嫌がりパパから飛び降りて再度遊具へGo。
ここでも何度も滑り台をすべった。

が,疲れ果ててそうなので,無理やり抱っこして出口へ移動。
ばばにソフトクリームをいただき,ママパパ歩くんの3人で美味しくいただく。
さすがに歩くんぐったりにみえる。パパもぐったり。

入場前はデンパークなんて,と思っていたが,
2才の子供が十分遊べるスペースもあり,食事もまぁまぁおいしくいただけ,
非常によかった。またぜひ連れてきたい。

歩くんは車に乗ったら,ジュース一本もらってすぐお休み。

デンパークからは名古屋まで国道23号は片道2車線なので,
自宅まであっとゆうまに到着。

いい旅行だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。