So-net無料ブログ作成

ナガシマスパーランド わんわんと遊ぼう [歩くん]

わんわんワンダーランド岐阜公園の抽選は,はじじばばの携帯も使ってもはずれ,
キャンセル分発売時はローソンに発売20分前に並ぶも,ROPPIの操作に失敗し,
購入することができず,その罪滅ぼし?!で11/3にナガシマスパーランドで行われた
わんわんと遊ぼうショーに歩くんと,実家のじじばばと行くことに。

ナガシマリゾート会員で,湯浴みの島無料入場券3枚持っていたので,
現地で購入が必要なのは,大人一枚,歩くん(2才以上)1枚。
(湯あみの島入場券でスパーランドも入場できる。)

家を7:30に出発し,名古屋のじじばば宅で朝食取って,高速経由でナガシマへ。
9:10頃湾岸長島ICへ到着,出口信号右折して遊園地入口近くの駐車場入口へ向かうも,
出口専用の表示があって,遊園地北側の駐車場入口に回される。
(出口信号左折経由が正解だった。。。)

ナガシマリゾート会員なので,会員券見せることにより,駐車場は無料。
で,遊園地入口近くに向かおうとしたら,何故か遊園地から離れたジャズドリーム近くの
場所に誘導される。。。
誘導を疑問に思いながら,遊園地方向に向かうと,ジャズドリーム入口付近まで
入場待ちの列がつながっており,列の最後尾はすぐそこに。
行列を考えて車を誘導していることに気づく。。。

まわりはわんわんショー目当てと思われる家族連れがいっぱい。
9:30に入場開始。入場ゲート近くで,入場券を持っている人と持っていない人で列が分かれる。
ママとばばに湯あみの島無料券を渡して先に入場してもらい,わんわん入場の行列に並んでもらうことに。
ぱぱとじじと歩くんは入場券購入の列に並ぶ。
若干時間がかかったら,比較的スムーズに湯あみの島入場券大人1枚乳児1枚購入して無事入場。

会場入り口でベビーカーを預けてままばばの行列に合流。が,歩くんが遊びたいと暴れる暴れる。
なんとかなだめて会場に入場し,会場真ん中あたりの席をなんとかゲット。
が,歩くんは会場内でもお外に行きたい,と泣きっぱなし。

席をじじばばにとっててもらって,お外に退避。
第一回が始まる前に第二回の行列ができているのを眺めながら
わんわんショーが始まる直前までお外で遊ぶ。
ばばには会場内にあったグッズコーナーの大行列に並んでいただき,
でわんわんの風船を買っていただく。700円なり。

始まる直前に席に戻るも,わんわんショーが始まってもほぼ泣きっぱなし。
周りの冷たい視線を感じつつ,なんとか最後まで観賞。
喜んだのはわんわん登場シーンと,ジャンプジャンプジャンプでパパが抱っこして
ジャンプさせた時だけ。。。。後はずっとほぼ泣きっぱなし。

ぱぱはくたびれ果てた。
その後,ふらふらの状態でスパーランド内のちびっこ広場へ。
歩くん,大喜びで滑り台など滑りまくる。

その後,湯あみの島に入場。大広間でお食事。
歩くんはポテトフライ・アジフライ・肉じゃがなどおいしくいただく。
パパはアナゴ丼か豚テキ食べたかったが,歩くんの残り物で済ます。。。

畳敷きの大広間での食事は,子供連れにはらくらく。

お子様連れはお風呂に入らないにしてもスパーランド入場券購入より,
湯あみの島入場券購入して,お昼は湯あみの島の大広間でいただくのが絶対お勧め。

食後は歩くんが眠そうなので抱っこして売店をうろうろしてたら,パパの腕の中でグーグー。
テレビ見ながら寝転がれるところで,歩くんを抱っこしたまま休憩。
パパもちょっとうとうと。
その後,じじばばとままは水前寺清子ショーを鑑賞し,
パパと歩くんは湯あみの島内の子供向けの遊び場の部屋で遊ぶ。
何故か他のお子ちゃまもパパの周りに集まってきて,一緒に遊ぶ。

パパは水前寺清子ショー見たかったが,歩くんがぐずることが目に浮かぶのであきらめ。
後でじじばばままに感想を聞いたら,エンディングの365歩のマーチは感動的だったらしい。
うらやましい。。。

お風呂は湯ざめが心配なので入らず。

湯あみの島出口から駐車場までのシャトルバスに乗車して,らくらく車に戻る。

帰りに長島PAの駐車場に車を停め,足湯に入る。
歩くんも足湯に入るが,途中,足湯の中に入り込み,歩くんにとってはお風呂入浴状態。
服を全部脱がして着替えさせ,高速で帰宅。

名二環のICから名古屋の実家は近いので,非常に便利。片道約30分。
夕食をいただき自宅に帰宅。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。