So-net無料ブログ作成
ウイスキー ブログトップ

サントリー山崎蒸溜所 「山崎と食」 [ウイスキー]

 4/1に記載したとおり、本日は山崎蒸溜所のイベント「山崎と食」へ。

これは、サントリー山崎蒸溜所とリーガロイヤルホテル(大阪)セラーバーの共催イベントで、「山崎」とセラーバーが考案した「山崎」に合う特別メニューが楽しめる、ということで、どのようなものか非常に楽しみにしてました。(↓蒸溜所前の桜も満開状態で非常にきれい。)

 

確認メールが届かなくて、電話で確認していましたが、本当に申込されているかちょっと不安になりながら受付へ。きちんと名簿に載っていてほっと安心。山崎ウイスキー館で集合時間まで待つ。(↓3/9分とちょっと違った角度のウイスキー館内の写真)

まずは工場見学。仕込→発酵→蒸溜→貯蔵庫のコース。参加者の半分ぐらいの方が蒸溜所見学が初めて、ということもあり、3/9に見学したときと同様、非常に丁寧でわかりやすい説明だったと思う。内容は3/9と基本的に同様なので割愛。(↓貯蔵庫を出た後の桜。サントリーロイヤルのボトルがちなんだ神社の鳥居とともに。)

次にセミナーの会場で「シングルモルトウイスキー山崎セミナー」を受講。山崎12年とミズナラ樽、シェリー樽の原酒をテイスティング。ミズナラ樽の原酒は高いと以前参加したセミナーで聞いたことがあったこともあり、ありがたくいただく。シェリー樽の原酒も甘く感じられておいしい。これらを組み合わせて作られる山崎12年もブレンダーの技を感じながらおいしくいただいた。

で、楽しみにしていた特別メニューの登場

右上から時計回りで(説明はパンフレットから一部引用)


・ 「ハギスとマッシュポテトのカネッペ仕立て」:スコッチ本場の名物料理とマッシュポテトの組み合わせ。臭みは感じられず、かなり食べやすくしてある。

・「にしんのスモーク 彩りピクルスを添えて」:脂ののったニシンをスモークし、ピクルスが添えられたもの。ピクルスのさっぱり感とニシンがあっておいしい。(もう少しピクルスがあるとよかったかも。)

・「サーモンマリネと明太子のタルタル」:明太子の奥行きのある辛さとサーモンの甘味が感じられる。サーモンの甘味がおいしかった。

・「鴨のスモーク 辛子味噌風味」:ホテル特製スモークに山崎12年が混ぜられた辛子味噌がかけられたもの。


それぞれの料理に山崎12年が使われている、とのこと。

この料理とともに「山崎12年」「山崎18年」を好きなスタイルで、ということで、ハイボール(氷をたっぷり、炭酸を逃がさないようにあまりかきまぜない)と水割り(氷の後にウイスキーを入れて13回転半マドラーで混ぜてから再度氷と水を入れる)の美味しい作り方の説明を聞きながら「山崎12年」はハイボールで、「山崎18年」はロックにして楽しみました。

料理とウイスキーの組み合わせとして、私は山崎蒸溜所の公式Blogにも記載されている組み合わせである「ハギスとマッシュポテトのカネッペ仕立て」と山崎18年の組み合わせがそれぞれが一層おいしく感じられて一番と感じました。

自宅では食後にゆっくり飲むのが好きですが、いろいろな料理と組み合わせて飲んでみるのも楽しいかも。(セラーバーにも行ってみたいが、山崎18年グラス2,200円となると若干躊躇(妥当な値段とわかっていますが)。。。)

#最近うなぎパイをつまみに飲むのが好きですが、レベルが違う。

いろいろ本当に楽しかったイベントでした。


サントリー山崎蒸溜所「山崎と食」申込み。。。 [ウイスキー]

サントリー山崎蒸溜所でのイベント「山崎と食」を申し込もうと思っていて、仕事が忙しく3/26(月)の申し込み開始日を失念して、火曜日か水曜日の夜に気付いてHPを覗いたら[4/8(日)14:00~]のみ△(定員間近)でほかは満員であるのを確認。早速4/814:00を申し込み。申込完了画面はエラー等出力されなかったが、すぐ届くはずの確認メールが届かず。。。1日たっても届かない場合は直接電話、という記載を眺めて、翌日営業時間中にでも届くのかなぁ、とそのまま就寝。

で、このまますっかり失念していて、今日、いまだにメールが届いていないことに気付いて、本日あわてて確認の電話。。。多分水曜日の夜に申し込んだ旨伝えると、「人気のコースで2日間で埋まったのですが」とのお言葉に、実際にはうまく申し込みできていなかったのか、とちょっとがっかりしましたが、調べて折り返し電話いただけるとのこと。

結果は(実際本当に登録されていたのかどうか?ですが)登録されていて参加可能のと連絡をいただきました。

ということで、4/8(日)は山崎蒸溜所へ行くこと決定。

 


山崎蒸溜所へ [ウイスキー]


いろいろ思うところがあり、年度末で仕事が忙しいにもかかわらず、休暇取得。

自宅で6:30から9:30までの間にとりあえず急ぎの仕事を片付け、当初休暇取得時に予定していた確定申告手続き等をやめて、久しぶりにサントリー山崎蒸溜所へ。

受付で工場見学の申し込みをして、ウイスキー館へ。ウイスキー?の匂いに心安らぐ。。。1Fのライブラリーに並べてある瓶の中はすべてウイスキー。

14:00からの工場見学に参加。いままで何回か見学させてもらっているが、担当の方によるのか、平日で人数が少なかったこともあるのか、説明が丁寧でわかりやすく、他に参加された方も楽しめたかと。

 

二条大麦から麦芽~麦汁を。それを発酵させて蒸溜してアルコール度を高めた無色透明なニューポットをいろいろな木の樽につめて山崎の自然の中で貯蔵することによって、あの琥珀色のウイスキーの原酒が作られていくことがよくわかります。(白州だと山崎以上の豊かな自然環境に感動できるとともに、使われた樽の中に火を入れる(チャーする)工程も見れます。)

見学の後は試飲(無料)。山崎12年のソーダ割りと水割り、白州12年の水割りを美味しくいただきました。

試飲の後は再びウイスキー館へ。いつもファクトリーショップで蒸溜所限定のウイスキーを纏めて購入して自宅に宅急便で送っていたが、18きっぷの残りがあるので近日中に再訪できると考え(というか、昨年訪問時にまとめて買ったものがまだ少し残っている)、今回は仕事用として樽の素材でできたペンのみ購入。最後に1Fテイスティングカウンターで山崎18年を(¥500)。外の風景を眺めながら、ゆっくりおいしくいただきました。本当に幸せなひとときをすごせました。。。 


今日の工程:(青春18きっぷ利用)

名古屋10:30~10:59大垣11:04~11:40米原11:53~12:43京都(天下一品で昼食)13:18~13:32山崎~14:00サントリー山崎蒸溜所工場見学~山崎15:19(人身事故で実際は5分遅れ)~16:41米原16:44~17:56名古屋(18きっぷ期間中にもかかわらず、すべて窓側に着席できて楽ちんだった。やっぱり行くなら平日に限る。。。)


p.s.ハンドルネームの由来はサントリー白州蒸溜所でウイスキーづくりに感動してウイスキーが本格的に好きになり、そこでのキャラクターの名前を勝手に流用 m(_._)m


ウイスキー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。